【試作】「大阪府」天津飯[Osaka~Tianjin rice~]

天津飯は、大阪府と東京都のいずれかで発祥したといわれています。

関東の天津丼のあんにはケチャップが使用されていますが、関西の天津飯にはケチャップは使われていないため、あんが薄くなっているのが特徴です。

また具材は、東京都ではカニが使われており、大阪府ではエビが使われています。

ばとんでは大阪を含めた関西に合わせて、あんは塩を効かせた薄味に仕上げました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Tianjin rice is said to have originated in either Osaka or Tokyo.

Ketchup is used in “An” of Kanto’s Tianjin rice bowl, but it is characterized by the fact that “An” is thinner because no ketchup is used in Kansai’s Tianjin rice.

In addition, crab is used in Tokyo, and shrimp is used in Osaka.

In the case of Kanto including Osaka, “An” is finished with a salty thin taste.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です