【試作】「東京都」カツ丼[Tokyo~Katsudon~]

カツ丼の発祥は東京都と言われています。

ドイツで料理の修行をした方や、ヨーロッパから伝わってきた料理をアレンジして作られた料理という説があります。

ばとんではトンカツに和風だしに浸した半熟状態の卵をかけて、最後にアクセントのみつばをのせて仕上げました。

味が染みたカツとご飯との相性が抜群です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
The origin of katsudon is said to be Tokyo.

Some say that they have trained in Germany, or that they are dishes made by arranging dishes from Europe.

In the butt, a half-boiled egg soaked in a Japanese-style soup was put on a tonkatsu and finished with an accent brim at the end.

Excellent compatibility between the taste of the cutlet and the rice.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です