ばとんが飲食店を経営するにあたって重要視している取り組みが「食品ロス」です。

ばとんがどのように食品ロスについて取り組んでいるかをご紹介します。

まだ食べられるのに捨てられる食品

農林水産省及び環境省「平成28年度推計」によると、日本では年間2,759万トンの食品廃棄物等が出ています。

このうちまだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は643万トン。

これは世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成29年で年間約380万トン)の1.7倍に相当するのです。

国民一人当たりに換算すると”お茶腕約1杯分(約139g)の食べもの”が毎日捨てられていることになります。

この現状を「もったいない」の一言で済ませられるでしょうか?

食品ロスになる食品が使われなければ、どれだけの命が助けられるでしょうか?

お客様の笑顔も大事です。

ただ飢餓で苦しんでいる人を助けることも大事です。

ばとんは飲食店を経営する以上、このような地球規模の問題を避けて通るわけにはいきません。

食ロスをなくすためのばとんの取り組み

ばとんでは食品ロスをなくすために、以下のような取り組みを行ないます。

限定メニュー

ばとんでは、ランチ時はAランチ・Bランチの2つのみご用意。

Aランチは47都道府県のご当地グルメ、Bランチは海外のご当地グルメです。

たくさんのメニューを用意してしまうと、売れないメニューの食材が残ります。

メニューを2つ限定することで使われる食材も限定されるため、食品ロスをなくすことができるのです。

数量限定

メニューの限定とともに、ご用意するお食事の数も限定します。

そうすることで仕入れる食材の量も限定することができ、食品ロスをなくすことが可能です。

予約優先

ばとんはできる限り、お食事の予約をお願いしております。

将来的には完全予約での経営を考えています。

注文を受けた分だけお食事を用意すると、当然のことながら食品ロスは限りなくゼロになります。

使えるところは使う

料理をするときに、例えば大根の葉やキャベツの芯などを廃棄していませんでしょうか?

一般に廃棄されがちな食品も、アイデア1つで最高の食品と栄養素になるのです。

「使えるところは使う」ことも食品ロスをなくす1つの取り組みといえるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

One of the important initiatives that Baton places in managing a restaurant is “food loss.”

Here’s how Baton is working on food loss.

Food that is still eaten but is discarded

According to the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries and the Ministry of the Environment’s “2016 Estimate,” Japan emits 27.59 million tons of food waste annually.

Of these, food that can be eaten but is discarded, the so-called “food loss” is 6.43 million tons.

This is 1.7 times the amount of global food aid for people suffering from hunger around the world (about 3.8 million tons per year in 2017).

When converted to per capita, “one cup of tea (about 139g) of food” is discarded every day.

Can we end this situation with a single word, “mottainai”?

How much life can be saved if food that is lost is not used?

Your smile is also important.

It is just important to help those who are suffering from hunger.

Buton runs a restaurant and cannot avoid such global problems.

Baton’s efforts to eliminate food loss

In order to eliminate food loss, the following measures will be taken.

Limited menu

At lunch, there are only two lunches, A lunch and B lunch.

A lunch is a local gourmet of 47 prefectures, and B lunch is a local gourmet abroad.

If you prepare a lot of menus, the ingredients of the menu that cannot be sold will remain.

By limiting the two menus, the ingredients used are also limited, thus eliminating food loss.

Limited quantity

Along with the limited menu, the number of prepared meals is also limited.

By doing so, it is possible to limit the amount of ingredients purchased, and it is possible to eliminate food loss.

Reservation priority

Buton asks for a meal reservation as much as possible.

In the future, we are considering management with complete reservations.

If you prepare meals for the order you received, you will of course have zero food loss.

Use where you can

When cooking, are you discarding, for example, radish leaves and cabbage cores?

Even foods that are commonly discarded can be the best foods and nutrients in one idea.

“Use where you can use it” is one approach to eliminating food loss.